猪苓湯(ちょれいとう)の詳細情報

体内水分バランスの調整作用で、むくみ解消

猪苓湯(ちょれいとう)は、一般的に、利尿効果があるので、むくみ解消に最適な漢方薬の1つとしても有名ですが、体内の水分循環を整える作用もありますので、脱水症状などを発症した際には、体内水分を保持させる効能もある漢方薬としても広く知られています。

漢方薬は、様々な自然植物から由来する生薬を調合して完成しますが、防已黄耆湯は、猪苓(チョレイ)、滑石(カッセキ) 、沢瀉(タクシャ)、阿膠(アキョウ)、茯苓(ブクリョウ)の5つの生薬から生成されています。



猪苓湯の効能と服用方法

猪苓湯(ちょれいとう)の効能は、むくみ解消を行う効果以外にも、排尿における異常、ドライマウス(口内の乾燥)、ストレスなどにも幅広く効果があります。

代表的に市販されている市販薬ですと、ツムラから販売されている猪苓湯エキス顆粒は、24包入りで3675円程の価格で、クラシエから販売されている猪苓湯エキス顆粒は、45包入りで5565円程の価格となっているようです。


服用するタイミングは、食前、または空腹時となっており、お湯、又は水で服用を行います。

猪苓湯の副作用と注意点

猪苓湯(ちょれいとう)の服用を行う際に注意する点としまして、服用方法は、食前および空腹時に、お湯で溶かして飲むことが、一般的には、推奨されているようですが、むかつきを起こしてしまう際には、食後に水と一緒に飲んでもよいとされているようです。

また、猪苓湯には、軽度の副作用があり、体質によっては、服用の際に、食欲の減退やむかつきを感じることが起きてしまう場合もあるようです。




関連記事を読む 》 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

トップ 基礎知識 むくみ解消方法 お薦めのサプリ お薦めの漢方 お薦めのソックス お薦めのグッズ