むくみの正体の情報を紹介したページ

むくみとは?

イメージ:足のむくみ

医学的な正式名称においては、浮腫(ふしゅ)と称されることもある「むくみ」は、リンパ管の外に血液内の水分がしみだしてしまい、皮下に水分がたまってしまっていることをいいます。

むくみは、顔、手、脚などにでやすく、顔がむくみやすい人は、顔にクマもでやすいようです。 一度むくみはじめますと、むくみを解消するまでは、その後も血流やリンパの流れが滞ってしまいますので、体内で養分を細胞へ取り込むことが困難になったり、体内の老廃物を排出しづらくなり、一層、ひどいむくみを引き起こしてしまいます。

むくみに気づいたら、こまめに解消するように、心がけましょう。

一過性のむくみの原因

起床して2時間ほどで消えるむくみは、一過性のむくみに分類され、健康上の問題も無いとされています。 一過性のむくみの発生は、体内の水分コントロールがしっかりなされていないことに起因します。

一過性のむくみは、細胞間の水分である間質液の増加で引き起こされます。 間質液は、動いている筋肉や呼吸による運度、そして、血管に加えられる圧力等により、リンパ管によって運ばれるリンパ液となり、リンパ節を通った後に、やがて、リンパ管で静脈に送られます。

一過性のむくみを引き起こす大きな原因は、リンパ液の流れの滞りなのです。 冷え、疲労、ストレス、血行の滞り、塩分のとりすぎ、運動不足などでも、リンパ液の流れの滞りに大きな影響が与えられて、一過性のむくみを引き起こします。

一過性のむくみを引き起こさないようにするために、こうした点における改善も大切です。

女性の方が男性よりもむくみやすい理由

女性は、男性よりも、一般的に筋肉の量が少ないので、男性よりもむくみやすいとされています。 ふくらはぎは、第2の心臓とも呼ばれていますが、脚の筋肉量が少ない場合、重力のせいで脚に溜まってしまった血液を心臓へ再び戻す作用のある「筋ポンプ」が働きずらいので、一般的に、女性は男性よりも、脚のむくみが発生しやすいとも言われています。

また、女性には、男性と異なり、生理がありますので、ホルモンバランスの変化とむくみも関係しあっています。 ホルモンバランスの変化の影響で、生理直前や生理中の女性の血管は広がります。

これにより、血液内の水分量が増加することで、尿の量は通常より減少しますので、余剰水分や老廃物が排出されずらくなり、むくみが発生しやすくなります。 妊娠をしている際には、更に、むくみが発生しやすくなります。



関連記事を読む 》 睡眠中のむくみ解消方法は?

トップ 基礎知識 むくみ解消方法 お薦めのサプリ お薦めの漢方 お薦めのソックス お薦めのグッズ